鼠駆除の種類について

住居にネズミが住み着くことは少なくありません。

家に住み着くネズミには『ドブネズミ』に『クマネズミ』、そして『ハツカネズミ』と主に三種類存在していますが、これらの存在を知った時点で適切に駆除を行う必要があります。



これを放置しておくと、ネズミは爆発的に増えていきますし、家具などへの被害や、電源ケーブルをかじることによる火災発生の可能性、そしてなによりもネズミによって家ダニなどがまき散らされるといった衛生的な問題が発生します。

とにかくネズミの存在を察知して早急に鼠駆除の対策をとる必要があります。

鼠駆除といってもその方法は様々ですが、一般的には三種類の駆除方法があります。
まずは殺鼠剤による駆除方法です。

これは簡単にいうと毒入りの餌を与える方法です。


また、粘着シートや鼠捕り機などを仕掛けておく方法も存在します。
これらの鼠駆除方法はネズミを直接駆除する方法でありますが、駆除または捕獲したネズミの死骸を自分自身で処分する必要があります。


その姿を見たくない人にとっては難しい方法と言えるでしょう。


このような駆除または捕獲方法以外に効果的な鼠駆除の方法が超音波を用いた方法です。


ネズミなどの小動物は超音波を嫌います。



この習性を利用した駆除方法であり、ネズミはその場で死ぬことはなく、超音波が聞える場所から逃げ出すだけとなります。そのためネズミの姿を見ることなく駆除を行うことが可能となるのです。

また、この超音波は人には聞こえない音ですので生活に影響を及ぼすことはありません。


そのため小さい子どもがいる家庭や飲食店などではこの方法が採用されています。